ハウスシェア、ルームメイト、思い出、生活一般、海外生活
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ikirooのブログ

重いテーマをオープンに語ろう!

ある時、姑の旦那になった気分がした。

姑との買い物

結婚していた当時、姑がしょっちゅう来ていた。半ば、同居のような時もあった。もちろん、息子のうちには孫がいるわけだし(初孫)休暇の長期休暇のつもりで嬉しいわけです。大家族で育った姑はたくさんの料理をこしらえていました。マルチタスクの苦手な私はすごく助かりました。

ある時、義理の弟と姑と3人で買い物に出かけました。冬から春にかけてのことだった記憶しています。デパートに車で出かけ、いつも家事を手伝ってくれたりしてるので感謝の意味もあり買い物選びを手伝うために一緒に行ったわけです。。姑さんが靴が欲しいとのことで早速靴売り場へ向かいました。

女性と買い物中の男の人の気持ちが初めてわかった気がした。

通常、私は洋服や小物のショッピングは大好きです。一人で行くのも好きですし、気の合う友達と出かけたり、子供と出かけたり、親親戚と出かけたりしても特に問題はありませんでした。ただ、デパート内はアウトレットと違い、屋内に長時間いると喉が渇いたり、疲れが出て来たり、たまに頭痛なんか始まったりもします。目的がありの時も、ぶらっとウインドーショッピングも平気なタイプです。

ところが、初めての姑さんとのデパートでの買い物中。とてもひどい 倦怠感に襲われたのです。突然襲われたこの倦怠感、何故なのかどうしていいのか自分でも理由がわかりませんでした。ただただ、退屈でさっさと買い物を切り上げて家に帰りたい気分でした。靴売場の片隅でこっそりと、風邪やインフルエンザを発症しているのかと思うほど心配になりました。姑さんの方はというと、ニコニコしながら靴を脱いだり履いたり試着していました。

この光景を観察していたのが、姑の息子。私に向かって一言、僕が買い物に付き合う時の気持ちがわかった?だと。わかった!勘弁してくれ〜、お義母さん、もういい加減うちに帰りたいよ〜。早くして〜!と子供のように駄々をこねたかったが、グッと我慢。

いろんな人と買い物して来たが、何故あんなにも退屈だったのか、未だ謎。でも、たった一つ考えられるのが、コミュニケーションが少なかったような気がする。。。

ある時、弟から言われたこと

それから、何ヶ月が経過しただろうか。姑が我が家にお泊まりに来ている時に、夫の弟が訪ねて来ました。挨拶を交わすや否や、旦那さんは元気にしてる?との質問。旦那ってあなたのお兄さんのことでしょ??っと思いつつ、どうやらニヤニヤ笑っている夫の弟。どうやら、何か 旦那さん には別の意味を含んでいました。それって、もしかして、お義母さんのことかい? 見事に答えは大正解でした。

私は妻の座にいながら見事に旦那の母親の旦那代わりに昇格! 笑

気持ちがわかりすぎて複雑な気分

相手の身になって考えてくださいと言われることがあります。相手の身になって考えることってどんな気分でしょう。結構複雑だと思います。特に、男女の思考の違い、つまり生まれ持ってある本来の無意識下の習性や傾向というのはなかなか変えることが難しいのではないかと思います。実際に子供達を育てていたりしても男女の違いを感じたことが数え切れないほどあります。成長してもひしひしと感じます。考え方を意識的に女性風あるいは男性風に変えることはできるかもしれないですが、やはり違和感があるとかストレスの要因になったりするのではないでしょうか。


お姑さんと一緒にいて彼女の旦那になった気分は一生忘れないでしょう。そもそも、年配者との生活やお世話や同伴は慣れていましたが、姑さんの旦那さん状態の自分は非常に違和感がありました。家事は素晴らしく手際よくできる方ですごく助かっていました。ですが、私の脳みそは彼女に拒否反応を示すばかり。尽くされれば尽くされるほどうざかった。そして、彼女に滞在を喜んでもらおうと買い物やエンタメ、外出に同伴しても、文句ばかりが帰って来る。感謝してくれる時ももちろんありましたが。とにかく尽くしてもケチをつけられる。。。挙句はしょっちゅうお泊まりに来る姑だったので、なるべく顔を合わせたくないために、近所の友人宅で時間つぶしをしていた。最終的に私は、まるで帰宅拒否症のサラリーマンになっていったのでした。時間が経過して思ったのは、お姑さんは自立しているように思えたのですが、実は息子たちに頼りっきりだということに気がついたんです。つまり、息子に結構依存していたわけです。今もそのようですが。そこへ、私が家族の一員として加わり必然的に 彼女の息子のお嫁さんになったわけですが。

まさか、お姑さんの 旦那さん認定・昇格されるとは 全く 想定外 でした。

このブログ書きながら思い出したことがありました。前夫にこう言われたことがありました。僕はお前のお父さんじゃないんだからなって。。。
その時の会話内容、全く覚えてません。  笑

類は友を呼ぶってこのことでしょうかね。。。

僕は婿になったと思ったら、まるで嫁になったような体験を味わったとか、そういう方のブログとかあれば読んでみたいな〜〜〜。

いつも読んでくださりありがとうございました!!

にほんブログ村 その他日記ブログ 身の回りのできごとへ

Powered by RSSリスティング