ハウスシェア、ルームメイト、思い出、生活一般、海外生活
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ikirooのブログ

重いテーマをオープンに語ろう!

ナンパされなかった時のガッカリ感

ナンパ リサイクル 運動 老化防止 旅行 思い出


前回の続き。



もし読んでなかったらどうぞこちらをクリック↓

ikiroo.hatenablog.com



車に乗ってナンパを試みる男性は


海外にもいます。



その1

腕時計もなくオープンカー運転中の車内時計が動いていないのか、わざわざ歩行者

の私に時間を聞く二人組白人男性


前方方向からオープンカーがゆーーーーっくりと向かってくる。


ほんの数十秒のうちに視界に入った車と二人の男の


画像を瞬時にスキャンした。


かシャーン、かシャーン、チカっ


ロック、メタル系の天パ ロングヘア


80、90年代の洋楽アルバムジャケットから飛び出したような男たち  


*平成生まれの方へ(昭和時代は音楽を聞くための


レコードやCD、カセット


というのがありました。)


マジで、いるんだこういう男たち!!


すると、車が横で止まり


おとこ: 「すみません、いまなんじですか」


わたし: 『えーっと』 腕時計を

見ながらも、二人の男が


視界に入る。頭と、目の上下運動が激しい!


どうやら全身チェックされている。。。


全然、色気もなんもない格好だけど。。。


数秒が経過したところで、時間を答えた。


外国語でさっとまだ時間が答えられないのであった。。


そして二人組男性は「ありがとう!」と笑顔を残し


あっさり消えて行った。


さっきのジロジロ目線はどこへやら??


直感的に、時間を知りたいだけじゃなかった気がするのだが。


ああ、もしかして時間の答え方がシドロモドロで


もしや


ナンパテストに


不合格


ガーーーーン  ガーーーーーン 鳴り響く。不合格の鐘。。


く や し い!!!


(実はこれがきっかけでこの外国語の時間の答え方


猛勉強し始めたのであった 笑)


はたして二人組男はナンパ運転テスト走行中だったのか、


なんだったんだろ。それとも、ナンパ未遂だという私の勘違いだったのか。



その2

書いていてつまらなくなったので、簡略します。


団体ツアー先で男性が車中から道を聞いてきた。


この辺のことはわからないと答えた。すると、


私と一緒に旅行中の団体客のA国人たちが


「きっと彼はあなたを誘拐しようとしている。」


その言葉にビビりまくってとっとと宿に向かった。。

おわり。



その3

某国に来て以来、数回引越しをしました。


子供が無事小学校に入った頃に、昼間は買い物に行ったり


家事をしたり、普通の生活をしていました。


ある時、道を歩いていると一台の車が寄って来て


男が駅までの道を聞いて来た。


ピーポー、とナンパ警報が


脳内でこだました。

道順を尋ねると、スーっと車は消えて行った。


えっ?、本当に道順知りたかっただけ


ぽっつーーーーーーん


と人気がない路上に 一人佇むアジア人女。笑


車はUターンして駅方面に


向かっていった。。。


この後も、同じ道で数回


車に乗った男性から


駅に行く


道順だけ聞かれた!!


日本にいた時は、あれだけトラウマってた


はず だったのに!

ナンパなしで道だけ聞かれるのは


虚しすぎる 

一人でこんなことをこっそりと思った。


日本からナンパ男がもっと海外に進出して欲しいな〜とか。


ここから勝手な妄想です。↓

入国審査にて


係員:「職業はなんですか。」

ナンパ人:「えーっと、今、無職」


係員:「入国の目的はなんですか」


ナンパ人:元気に笑顔で「ナンパに来ました!」


なんて答えたら、審査が厳しい国では


確実に


入国に引っかかる 可能性 大


だろうな〜とか。


国境越えて海を越えて、ナンパ人間大量流出、日本ナンパ系民族大移動になったら


国際、社会問題になりそうだが、


日本が誇る(← 全く意味不明 笑)


日本流のナンパ方法技術やノウハウを輸出でもいいのだ。


改善」とかセクハラとか他にもあるけど、今頭に浮かんでこないが、


外国語でそのまんま使われている日本語も数多い。


ナンパを広めたら世界共通語になる日も遠くないかもしれない。



日本男子ナンパ求む!


ナンパされなかった女子をナンパして


ナンパリサイクルにも努めよう


ナンパはナンパでがっかり中の女性をナンパで救えます。


ご精読ありがとうございます。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ


Powered by RSSリスティング