ハウスシェア、ルームメイト、思い出、生活一般、海外生活
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ikirooのブログ

重いテーマをオープンに語ろう!

詐欺カップルと私 A国編


f:id:Ikiroo:20160930204326j:plain


もしかして詐欺なの?!


この国の詐欺はあんまり手が込んでないのが特徴。

手が込んでなさすぎて詐欺と気がつかないことが多いのである。

ある夜、子供たちが寝静まった時間に玄関先のベルが鳴った。

ドアを開けると男女カップルがいた。20代位の年齢だ。

見かけたような見かけたことないような、、とにかく見知らぬ二人。相手は私が誰だか知っているようだ。近所のアジア人だもん。

簡単な夜の挨拶を交わした後、男性が「あなたの夫 〇〇に現金(5000円相当)を貸している。」と言った。

え、また借金? かなり心配になってきた。。。。脈拍が速くなる。。。

なぜ借りたのかわからないが、夫がこの男にお金を借りた時の状況説明をさせる。

夫はこの男の家に行きお金を借りたそうだ。。。

また、生活苦、借金苦という言葉が頭をよぎる。苦苦苦 こんな不吉な言葉を想像したくないし考えたくもない。



ikiroo.hatenablog.com





にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ



日本人的習慣


ここで、一般的な日本人主婦だと まず、夫に確認するだろう。 ただし、借金癖のある夫を持つ奥様の場合は現金を渡すかもしれないが。 

私はそのカップルにとりあえず、「夫に事情を聞いてから連絡をします。」と説明。借りたのは私じゃないし、お金を返すのはもちろん夫!と判断したからだ。上司に確認、マネージャーに確認、意見を仰ぐ 典型的な日本人の癖が外国籍の夫と暮らしつつも滲み出していた。
連帯責任は負えません。 極冷妻です。。。 カチーン(瞬間冷却)

二人の詐欺カップルはちょっと残念風に立ち去った。しつこくなく、あまりにも、あっさり引き上げる二人だった。

夫が深夜に帰宅。男女が借金の取り立てにやってきたと言ったら、「なんのこと?|」と夫。

お金は借りていないそうだ。夫を信用するべきか否か考えた。銀行口座確認しても、日々の生活でもお金の全然苦労がない。

クレジットカード枠も余裕。

あの借金取り立てカップルは詐欺未遂 に終わったのであった。

そして、元夫へ捧げる言葉、あの時疑ってごめんね。


にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ

Powered by RSSリスティング